i-Waver 74 F

独壇場がある~i・Wフローティングだけの世界~

通常のリップ付きミノーによるタダ巻きやジャークなどには反応せず、なおかつワームでも食わせられないという何をやっても反応が悪い状況がある。そんな時はi字ルアーの出番となる。春先の気難しいバスはもとより、年間を通じてビッグバスを狙って仕留めたり、トーナメントで勝つためには避けて通れない釣りで、現代のバスフィッシングにおいて今後さらに大きな存在感を持っていくカテゴリーである。ただし、単にi字というだけではなく、目指したのは最も厳しい状況下でもキャッチできる性能に昇華させること。その為に、通常とは異なる目的のジョイント構造や特殊繊維のヘアー、類を見ない比重設定など勝つためにキモとなるいくつもの要素を搭載し満を持してリリースされる。

『What’s i-Waver?』
これまでi字はチェイスがあってもなかなかバイトに持ち込めない釣りとされ、それにはいくつかの理由が存在していた。そこでチェイスをさらに増やし、見切られ率を抑え、バイト率とキャッチ率を高めるために必要な要素を全て盛り込んだ。動きが鈍く無防備な小魚をイメージし、バスからも釣り人からも見やすい横向きボディを採用した。また、Uターンの原因となる、ロッドティップのブレやリトリーブのブレ、波などによるルアー全体の上下動をジョイント部に極力吸収させ、ナチュラルな動きを持続。つまり動かすためではなく不用意な動きをさせないためのジョイントである。ヘアーは特殊な化学繊維で水につけるとまるで小魚のヒレのごとく揺らめき、テールにフックのない構造とあいまってバスを強烈に反応させる。また2フックシステムがi字に多いすっぽ抜けを激減。こうしてルアーは小さいながらもビッグバスに対してビッグベイトなみの集魚力とノーシンカーワーム並みの食わせ、そしてキャッチ率を実現した。

『フローティングの狙い』
フィールドや時季、ベイトフィッシュの状況によって、同じi字でもルアーが水面に浮いていた方がバスの捕食スイッチが入る場合がある。浮いていることで引き波を発生しi字としては強いアピールを生む。水面は逃げ場を失ったベイトが泳ぐ場所で、バスに「追い詰めた!これなら食える!」と思わせバイトが増える。また、浮いていることでルアーの全体像が捉えにくく見切られにくいのもメリット。もちろん産卵後のワカサギパターンや虫パターン時など水面を意識している時も効果絶大である。ただしi字のフローティングはただ浮いていれば良い訳ではない。そもそもi字は風に流されやすく、フローティングであればなおさらである。i-Waver Fはフロントボディを高比重フローティングにし、さらにヘアーの量を対SSSで2倍にすることで風に流されすぎることなく操りやすい性能を実現した。また、リアボディは低比重フローティングにして、潜りにくく水面をキープさせる。これはジョイント構造だからできる微妙な比重設定である。使い方は、ロングポーズや水面を漂わすようにゆっくりよどみなく引いてくるだけで簡単にバイトを得られる。リトリーブスピードは、基本的にSSSモデルと同様に無風状態であればハンドル1回転5秒前後が目安で、風があるとラインが引かれてルアーのスピードも速まるので状況に応じたスピードに調節して欲しい。

honbunshita-ad
記事下アド
sns-ue-ad